2007年01月31日

ピクニッツ『卒業』

■2006年度作品(第5回ネタ忘年会)


『頭』
二人 :僕たち飲むならピクニーッツ!
T:みんなーオラに力をくれー、かーめーかーめーかー!!!
タ:いきなりなんやねん

『序章』
T:あっ、そんなことよりも、ついにきたね、忘年会ブーム。
タ:ブームやなくてシーズンやろ。毎年来るねん。
T:いや〜今年も漫才をやらせてもらいます
タ:そやな。
T:漫才って難しいんですよ。
タ:うんうん。
T:馬鹿な人には出来ないってテレビとかでも言ってるでしょ?
タ:うんうん。
T:ほら、俺がああいえば、お前はこういわなあかんし、お前がこういえば俺はああいわなあかんし、
タ:うんうん、いや、普通の会話もせやけど。
T:で、そろそろコンビ名変えたいと思ってるんだけどどうかな?
タ:去年と一緒やないかぁ〜!!(パクリってなんやねん!?何かい、俺らは結局パクリパクリ言われて甘んじて天下ってあまりにもあんまりなー、んー、んーんー、ニャー!って、誰が猫ひろしやねん!?)
T:そのネタいいねー。欲しいにゃ〜
タ:なにバカにしとんねん

『卒業 序章』
タ:そんなことはおいといて、今年は例年以上にMVPとりたいねん。
T:なんで?
タ:わたくし、この度、卒業とあいなりました。
T:えぇ〜!?
タ:そうなんですよぉ〜。
T:おめでとうございます。ついにまっちゃんも卒業かぁ〜。
タ:てへへ。
タ:(客に向かって)えっ?聞きたい?じゃあとっとをネタ終わらせるから、待っててね。
T:とっととぉ〜?
タ:なんでやんねん。どうもありがとうございました。
T:こらー。
タ:いや、ネタ辞めて、縮小した時間で俺の話しようかなと。
T:ちゃんとやれや、あんだけ準備したのに!今年、これに賭けてるのに、おれ、今年、これしかないのに!
タ:だって、みんなお前の話聞きたくないらしいよ。
T:そんなことないよね〜?みんなーオラに元気をくれ〜
タ:もうええねん。

『卒業 送別会』
T:卒業といえば、送別会があるじゃない?
タ:えぇ〜おれのあるかなぁ〜?
T:あるってあるって、俺のときより、人集まるって。
タ:そんなことないよ。お前に勝てるわけないじゃない。
T:まぁそうだな。
タ:もうちょっとからんでこいよ。
T:で、送別会だけど、どんなんがいいの?
タ:そうやなぁ、ちょっと考えるから待ってて。...(考える)
T:...(ひまそうに待つ、数秒)
T:(軽く短めに)んー
(同時に)
T:長い!
タ:そうや!
T:あーびっくりした。
タ:なにかぶっとんねん。
T:それはこっちの台詞どす〜。(チラ見してこのボケにターキー無視)
タ:昔のネタ大会にしてほしいな。俺は純粋に観客になったことがないから
T:どんなのがあったっけ?
タ:マネージャーズの『ネオ』とかね。
T:あぁ〜
タ:なんか三人コンビで二人が話してるとこにもう一人が最後にボケて入ってきて、
T:Oh! No! Mr.Anderso-n!!(ターキー避けてTBTが背中について支える)
二人 :ってマトリックスからかい!(なにか決めポーズ)
T:でもおもしろかったよね。
タ:うん。でも基本的にあの人達ったら他の芸人のパクリやから。
T:あはははは
タ:あはははは
T:あと不発弾とかあったね。
タ:あーあの会社の愚痴言うてるだけのやつね。
T:賃金あげろー
タ:賃金あげろー
T:かわいい女の子をー、入れろー!
タ:松浦あやをー、入れろー!!
二人 :キュールールン♪(なにかかわいい決めポーズ)
二人 :って、何の話やねん!(なにか決めポーズ)
T:メイドやった人もいたね
タ:「おかえりなさいませ! ご主人様♪」
T:「メイドさんや!」
タ:「なんでもお申し付けください。M字開脚もできますよ♪」
T:「えっ?」
タ:「はい!」(M字開脚できない)
二人 :できへんのかい!
二人 :あと年考えろっちゅうねん!!
T:あの人だよね?(指差す)
タ:あの人やね。(指差す)

『卒業 挨拶』
T:送別会のメインはやっぱり最後の挨拶よね?
タ:あぁ〜何話すかな?
T:やってみよ。
タ:えっ?
T:オッケー、ケーオツ?
タ:えっ?、おお。ケーオツ。。
T:それでは、最後に挨拶を頂戴したいと思います。
タ:(前に出ようとする)
T:さて、1976年11月17日、
タ:そこから?
T:まかしとけ!
タ:はぁ
T:姓を**、名をターキーとしてこの世に誕生いたしました。名前の由来は、(中略)と親のエゴで決めました。
タ:おいおい、親のエゴって。。。(TBTをちょんちょんとたたいて、短めに(巻いて)のポーズ)
T:(うなずく)そんなターキーはすくすくと育ち、途中で姓を変えたりして、今新しい旅路に出ようとしおります。
タ:間短いな!
T:(ここから演説)そんなターキーの新しい門出!すばらしいじゃないですか!
タ:はぁ?
T:昨今、日本は景気が回復してきたと言われておりますが、まだまだ混迷の世の中です。
タ:おいっ!(TBTの肩を持つ)
T:(手を振り払って)いじめ問題、造反議員の復党問題、そして流行語大賞は「チョベリバ」及び「チョベリグ」
タ:それかなり古くねぇ?(つぶやく)
T:みなさん、ターキーの門出を機に、この混迷の日本を盛り上げていこうじゃありませんか!
タ:おまえは何の話しとんねん。俺は?
T:それでは最後の挨拶の締めにみなさんの元気を頂きたいと思います。みんなーオラに・・・
タ:(早めのツッコミ)まて!お前の挨拶なっとるがな!
T:あぁごめんごめん。

『卒業 ドラマ』
タ:卒業といえば、高校卒業前のちょうど今くらいに若者のすべてってドラマがあったの覚えてる?
T:あぁ〜おれが浪人のときね。
タ:あんまドラマ見ないけどあのドラマよかったわぁ〜
T:うんうん。
タ:なんか複雑なドラマやねんけど、キムタクと萩原聖人が最後刺されるねんな。
T:うんうん
二人:(二人とも後ろに下がる)なんだおまえ?
タ:なんで二人とも萩原役やねん!昨日お前がキムタクって決めたやろ?
T:なんかやっぱキムタク嫌いだもん。キムタクだったら萩原ナガレのほうがいいよ。
タ:なんやねんそれ!
T:あっ!?
タ:えっ
二人:(さされる)うおっ!
タ:(弱弱しく)なんで二人とも刺されてるねん!相手は一人やんけ!
T:知らねーよ。
タ:痛って。。。
T:これくらいで痛いとかいってんじゃねーよ。
タ:ばーか。痛くねーよ。
T:ははっ
タ:あいつ誰だ?
T:知らね。
タ:なんだこれ?
T:そんなことより早く行かないとあいつらまってるぞ。
タ:そだな。タバコある?
T:あぁ
二人:タバコに火をつける。(もつれあいながら立ち位置まで歩き出す)
T:パーティいかなあかんねん
タ:何で外人さんやねん?

T:そういえばさーお前さっき言ってたのって、何からの卒業なの?
タ:こないだの誕生日で30歳になってん。ワン・ツー!
二人:(歌う)♪20代からの卒業〜。

(振り払って普通にもどる)
T:はぁ〜?今まで何のために話してたんだよ!?
タ:えっ?おまえが勝手に勘違いしたんやん。
T:キー!むかつくー。ま、どうでもいいか。
タ:どうでもええんかい!
二人:どうもありがとうございましたー




いやはや(汗)
スベリましたなぁ(滝汗)
恥ずかしい限りです(鬼汗)
おれがすべて悪いんです(涙)

posted by ターキー at 01:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。